査定や買取必要書類を事前に用意してトラブルを防ぐ

査定や買取必要書類を事前に用意してトラブルを防ぐ

車の査定や買取に当たっては、揃えておくべき必要書類があります
もし必要書類がない場合、そこで査定や買取のための
作業ができなくなってしまいますから困りますよね。
そのため必要書類は事前に用意しておいて、
トラブルがないようにしたいものです。
もし紛失している場合には再発行するなど早めの措置が必要です。

 

 

 

査定の時に必要な書類は、車検証と自賠責保険証書の2つだけです。
もし失くしてしまったら、車検証は登録した陸運局で、
また自賠責保険証は保険会社でそれぞれ再発行してもらえます。
査定や買取必要書類を事前に用意してトラブルを防ぐ
売却の際に必要な書類としては、まず印鑑証明書と実印があります。
印鑑証明書は発効日から3か月以内のものを用意します。
ただし軽自動車の場合は認印でかまいません。
次に車検証ですが、ローンで購入した場合ローンの支払いが
終了していないと、所有者が販売会社になっていたりすることが
あります。

 

 

 

このままでは車を売却することができませんから、
ローンを完済する必要があります。
手元にお金がない場合は、買取価格をローンの残りの返済に
充てることで所有者を自分の名義に変更することができますので、
買取店に相談しましょう。

 

 

 

自賠責保険証書は車検証と一緒に車内に
保管しておくべきものです。
自賠責保険の期限が過ぎていたら車を売ることはできませんので、
確認をしておきましょう。
そのほか自動車税納税証明書とリサイクル券も添付が必要ですが、
もし紛失している場合には再発行してもらえます。

 

 

 

⇒ 査定前に修理に出せば水没車でも高額買取へ近づくのかのページに進む

 

⇒ 水没車 買取のTOPページに戻る


 
なぜ水没車買取できる? 長く乗った水没車を売る トラブル防ぐ 水没車売却失敗例 水没車が高く売れる