査定前に修理に出せば水没車でも高額買取へ近づくのか

査定前に修理に出せば水没車でも高額買取へ近づくのか

車は水没してしまうと、非常に厄介なものです。
ボディやタイヤを綺麗に掃除すれば、
見た目には水没車とは分かりにくいものです。
ところがエンジン周りに水が入るとショートして
電気系統が作動しなくなります。

 

 

 

またエンジン内部に水が入るとたちまち動きが悪くなり、
水だけではなく泥なども入り込むことになりますから、
やがて動かなくなってしまいます
マフラーが浸水した場合も鉄錆びなどが浮いて、
異臭がするようになります。

 

 

また室内に水が入り込むと、足元はすぐに泥だらけになります。
シートは渇きが悪くいつまでも湿気がこもり、
カビ臭くなるものです。

 

 

 

こうした水没車は、もちろん水没した程度にもよりますが、
修理には非常に多くの費用が必要になってきます。
運よく走っていたとしてもいつ動かなくなるか不安ですし、
それなら買い替えた方がいいのでは、と思うでしょう。
その場合やはりできるだけ高く買い取ってもらいたいものですが、
査定前に修理すれば高額査定につながるかというと、
そうとは言い難いようです。
査定前に修理に出せば水没車でも高額買取へ近づくのか
水没車の場合、修理したとしても冠水歴が残ってしまいます
一度水没した車はどれほど修理を施しても、
いつ故障するかわからないという不安があるため、
相場でも人気は出ません。

 

 

 

通常の中古車であっても、キズやへこみなど大きなキズは治さず
査定に出す方が得策なのです。
水没車の場合は特に多額の費用を投じて修理をしたとしても、
費用対効果は得られません。
水没車は修理には出さずに査定をうけるようにしましょう

 

 

 

⇒ 水没車を売却する際によくある失敗から学ぶのページに進む

 

⇒ 水没車 買取のTOPページに戻る


 
なぜ水没車買取できる? 長く乗った水没車を売る トラブル防ぐ 水没車売却失敗例 水没車が高く売れる