長く乗った水没車を売るメリットとデメリット

長く乗った水没車を売るメリットとデメリット

長く乗った水没車を売る際には、メリットとデメリットがあります。
メリットとしては、一括見積りサイトなどを利用して
できるだけ高値で売ってしまって、新車を購入するための
費用に充てる
ということでしょう。

 

 

 

水没車は水没した度合いに応じて修理に費用がかかります
シートよりも下あたりまででしたらダメージも比較的軽いですし、
修理に要する費用も安くて済みます。
しかしそれ以上となると、エンジンをはじめさまざまな箇所に
おける修理が必要となって費用も高くなります。

 

 

 

しかも水没車の修理となると冠水歴が残ることになります。
通常の事故による修理歴とは異なって錆びや劣化による
故障への不安が大きく、中古車市場でも嫌われるようです。
そのためできるだけ早めに売ってしまう方が、得になると
いえるでしょう。
なかには水没車を専門に扱っている業者もあり、
高値で買い取ってくれる場合もあります

長く乗った水没車を売るメリットとデメリット
一方デメリットとしては、やはり通常の中古車と違って
高く売れない
という点があげられます。
買取価格は思ったほどは期待できませんから、
売るよりも必要な修理をしてできるだけ長く乗った方が
得策といえるかもしれません。

 

 

 

修理の費用は水没した程度によりますが、
保険が適用されればそれほど高くなくて済むケースもあります。
ただし水没車に高い費用をかけて修理しても、後に買取業者に
高値で買い取ってくれることはまず期待できません。
水没車の場合は事故車よりも買取価格が低い傾向がありますから、
あせらずできるだけ長く乗るのもひとつの方法
でしょう。

 

 

 

⇒ 水没車を高額で売りたいなら一括見積もりサービスがおすすめのページに進む

 

⇒ 水没車 買取のTOPページに戻る


 
なぜ水没車買取できる? 長く乗った水没車を売る トラブル防ぐ 水没車売却失敗例 水没車が高く売れる