気になるローンが残ったままの水没車の売却手順

気になるローンが残ったままの水没車の売却手順

愛車が水没車となってしまったら、
それをきっかけに売却するという人もいるでしょう。
一口に水没車といっても水没の度合いによって
査定額は大きく変わってきます。

 

 

水没してしまったら売れないのでは、とお考えの人も
いるかもしれませんが、諦める必要はありません。
水没して最悪のケースとして動かなくなった車でも、
値段が付く
ものです。

 

 

 

ただしローンが残っている車を売却しようとお考えの場合は、
まずローンを完済する必要があります

ローンが残っている車の場合その車の所有権は
ローン会社となっているからです。

 

 

 

手元にローンの残りを一括で支払うためのお金があれば
いいのですが、ない場合は買取業者に相談してみるといいでしょう。
業者による買取額をローンの残に充当してローンを完済し、
残りの金額が売却額として支払われます

例えば愛車の買取額が80万円、ローンの残りが60万円だと
すると、買取額でローンを完済して残りの20万円を
売却額として受け取ることになります。
気になるローンが残ったままの水没車の売却手順
ただしローンの残りが買取額よりも多い場合は、
ローンを組み直すことで売却が可能となります

例えば買取額が80万円、ローンの残りが120万円だとすると、
まず買取額をローンの残りに返済して残り40万円となります。

 

 

 

このローンの残り40万円と新たに購入する車の値段を合算して
新たにローンを組むという流れになります。
このようにローンが残っている場合には、まずその車の所有権を
自分の名義にする手続きが必要となりますので注意
しましょう。

 

 

 

⇒ なぜ水没車でも買い取ってもらうことが出来るのかのページに進む

 

⇒ 水没車 買取のTOPページに戻る


 
なぜ水没車買取できる? 長く乗った水没車を売る トラブル防ぐ 水没車売却失敗例 水没車が高く売れる